海外タレントプール事例「LUSH」編

こんにちは!
TalentCloudチームです。
海外でのタレントプールによる採用事例紹介、今回はLUSH編です。

 

積極的にタレントプールへの登録を促す

「LUSH」は英国発の世界49ヵ国・約920店舗を展開しているナチュラルコスメブランド。
動物実験反対、過剰包装反対、原材料生産者からの搾取NG、草の根活動へのチャリティキャンペーンを通年で行い、ダイバーシティが実践される社風であることも人材業界でもよく知られています。
そんなLUSHも、本国キャリアサイトの中にタレントプール登録のページを設置しています。

http://jobs.lushcareers.com/av_jobSearch.html?v=lushrms

「タレントコミュニティ」の項目から、スムーズにプロフィールの登録が行える作りになっています。
転職やキャリアアップを視野に入れている方が、気軽に参加出来ます。

 

SNS上でも参加を呼びかけている

lush-03

Facebookページ上にも、タレントプールへの登録を呼びかける投稿をされています。
SNSも活用し、採用に繋がるコミュニティを積極的に形成しようという姿勢が見えますね。

 

米国AppVault社の採用マーケティングツールを活用

日本でも各企業様に弊社のツールTalentCloudをご活用いただいておりますが、「LUSH」でもタレントプール構築にツールを活用されています。

「LUSH」が活用しているのは、米国AppVault社のマーケティングツール。

このように、海外ではシステムやツールを活用したタレントプールを積極的に導入し、採用の幅を広げています。

TalentCloudを利用して頂くと、この様な海外事例と同様のタレントプール構築が簡単に実施できます。
基本利用料無料なので、まずはお気軽にご登録いただき、お試しください。

また、タレントプール構築に関してのご相談などがございましたらお気軽にお問い合わせ下さい!

海外タレントプール事例「GM」編

gm_career

こんにちは!
TalentCloudチームです。
久しぶりに更新の海外タレントプール事例、今回はGM編です。

 

タレントプールの登録は簡単、気軽な登録を促す

アメリカ自動車メーカー大手のゼネラルモータースもタレントプールを実施しています。
キャリアサイトの中にタレントプールの登録ページを設けています。

gm_talentcommunity

https://search-careers.gm.com/us/en/join-talent-community

登録ページには下記のような説明文があり、気軽な登録を促しています。

In addition to applying for a job posting, we welcome you to become a part of our Talent Community. Joining the Talent Community ensures we have your information as we continue our search for candidates who are a great fit for positions within our company. Please upload your resume and complete the required information below. We appreciate your interest in General Motors.

「求人への応募はもちろん、タレントコミュニティへの参加を歓迎します!参加して頂くと、当社はあなたの情報を元にあなたと合う最適なポジションを探し続ける事ができます。レジュメをアップして必須情報を入力してください。ゼネラルモータースに興味を持って頂きありがとうございます!」
と、こんな内容です。(意訳ですが、大きく間違っていたらすみません。)

 

Linkedinのアカウントやクラウドストレージとの連携も

レジュメのアップロード方法は直接アップできる事はもちろん、Linkedinとのアカウント連携やクラウドストレージとの連携など、やはり欧米は進んでいますね。

日本の企業でも少しずつ始まっているタレントプール。
まだ実施されていない企業の方は、まずはレジュメのアップやフォームによる簡単な情報登録から初めてみてはいかがでしょうか。
もちろんTalentCloudを利用して頂くと全ての機能が揃っているので簡単に実施できます。

タレントプール構築に関してのご相談などはお気軽にお問い合わせ下さい!

海外タレントプール事例Vol.2 DELL編

dell_talentpool

みなさんこんにちは!
タレントクラウドチームです!

海外タレントプール事例Vol.2という事で、今回はDELLの事例をご案内致します。

https://dell.referrals.selectminds.com/

 

タレントプール、リファラル、ソーシャルリクルーティングを組み合わせたツールを活用

DELLでは、「Sign Up for Job Alerts」という登録ボタンを設けて、タレントプールへの登録を促しています。
この登録では、自分が希望するポジションや地域を選択することができ、グローバルに登録出来るようになっています。

非常に面白いのは、自身が紹介者としても登録することができ、ログインしている状態で募集ページを見ると、自身が見たページがアクティビティフィードとして表示されます。
また、Facebookメッセンジャーで直接友人に該当の募集を紹介したりと、FB、Twitter、Linkedinと連携した機能がユニークです。

自身も将来の候補としてDELLの採用情報を得ながら、まだ応募に至らなければ友人に紹介する。
タレントプールとリファラルリクルーティング、ソーシャルリクルーティングの融合ですね。

ss_dell
「Activity Feed」に私のアイコンが!!
referred と書いていますが、特に何をしたわけではありません(笑)
ユーザーの管理画面でこの「Activity Feed」にあなたの共有活動を載せていい?という項目があり、チェックが入っていると掲載されるようです。

 

Facebookなどのソーシャルアカウントで気軽に登録

このDELLのタレントプールへの登録はFacebookアカウントを通じてとても簡単にできました。
TalentCloudのユーザーの登録も、近々Facebookアカウントを使って登録が出来るようになります。
多くの個人と企業が気軽に繋がって、直接オファーしたり、ユーザーが募集情報をシェアしてくれる、そんな事が日本でも色々なところで行われるようにしたいですね!

 

まとめ

  • 社員だけでなく、ビジターでもリファラルに参加できるツールを活用
  • ソーシャルメディアと深く連携し、メッセンジャーなどで友人に紹介もできる
  • タレントプールへの登録はFacebookなどのソーシャルアカウントで気軽に簡単に

 

当社の「TalentCloud」でも簡単にWeb上でタレントプールへの登録が可能です。
またメールで招待するなど、直接タレントプールに登録してもらうためのオファーもできます。
「TalentCloud」について詳しく知りたい方は気軽にお問い合わせください。

退職者ほど自社を知る人材はいない!退職者と繋がりを持ち続けるアルムナイ(alumni)制度とは?

08f311617614e9831b0fe955b71806f1_s

こんにちは。タレントクラウドチームです。

さて、みなさんはアルムナイ制度という言葉聞いたことありますか?
そもそもアルムナイとはalumniという英語で卒業生とか同窓生といった意味があります。
これを会社に置き換えると、退職した人ということになり、退職者と企業が繋がりを持つ制度をアルムナイ制度というそうです。
では、そんなアルムナイ制度一体どんなメリットがあるのでしょうか。

 

退職者が戻ってきてくれたら一番の即戦力人材になる

企業規模の大小はありますが、会社には仕事を共にするメンバーがいます。
それぞれ個人の活躍があって会社は回っていく訳ですが、どうしてもやむを得ない事情で退職するメンバーもいますよね。
そのメンバーが何か悪いことをしたといったことでも無い限り、円満退社ということになるかと思います。

みなさんも退職された方と個人的にFacebookでつながっているというような事はありませんか?
その後も飲みに行ったり、遊んだり、場合によっては取引先になったというような事もあるかと思います。

これも一つのアルムナイだと思っています。
ただ公のものではなく、Facebookというコミュニティを通しての継続的な関係ですね。

この関係を企業として制度化し、退職した人とも継続的にコミュニケーションが取れる状況にすることをアルムナイ制度といいます。
例えば、退職者をリスト化し継続的にメールを送るでも十分だと思います。

もし、退職した理由が家庭の事情で、そのやむを得ない事情が解消したら、戻って来てくれる可能性は非常に高いですね。
自社の事をよく知っていて、数年前までバリバリ働いていた人材が即戦力として戻って来てくるということです。
しかし、しっかりと企業として制度化していない場合は、退職した人材からもう一度アプローチしてくるのは心のハードルが高く難しいです。

 

アルムナイ制度はどのように作って運用する?

1,まずは、退職者にアルムナイ制度があることをしっかりと告知します。
これにより、自分はまた戻って来ることができるんだと言うことが退職者に認識してもらいます。

2,そして許可を得た上で、定期的にメールやDMなどで情報発信することを伝えましょう。
メールは月1回でも構いません、会社の状況(事業や制度のアップデートなど)や現メンバーの声など、元いた会社が魅力的だったことを覚えておいてもらいます。

3、可能であれば、相互にコミュニケーションが取れるようにしておきましょう。
退職者はいつどのタイミングで復帰できる状況が訪れるか分かりません。退職者からも気軽にコミュニケーションが取れる環境があれば、退職者から復帰の意思を伝えることが出来ます。

 

アルムナイ制度もタレントプール

タレントプールは優秀な人材を候補者として溜めてコミュニケーションを取る採用手法です。
アルムナイ制度も退職者というタレントをプールする手法になります。
あらゆる確度から優秀な人材と関係を継続しておくことで、媒体に頼ることのなくミスマッチの少ないダイレクトなリクルーティングが可能になります。

企業だけでなく退職者にとっても嬉しい「アルムナイ制度」、まずは退職者に対して「いつでも戻ってこれる環境を用意しましたよ」というご案内からぜひはじめてみて下さい。

不採用にした応募者を不採用にしない!タレントプール採用という考え方

 

76d5bd8c5c286573ef2015a4a706feeb_s

皆さんこんにちは。タレントクラウドチームです。
すっかり冷えてきた今日この頃、体調管理には気をつけてくださいね!

さて、不採用にした応募者を不採用にしない、などとちょっと尖ったタイトルを付けさせてもらいました。
皆さんは選考過程での最終的なゴールは「採用(内定)」「不採用」「辞退」の3つが主なゴールになるかと思います。
しかし、不採用や辞退の先にもう一つのゴールを作ることで、今後の採用が大きく変わることをご存知でしょうか。

それが「タレントプール採用」という考え方です。

 

不採用にはせず、お祈りメールは送らない

通常、不採用になった方、辞退をされた方には、所謂「お祈りメール」と言われる定型文を送信して終わりだと思います。
しかし、このお祈りメール、送信した時点で応募者との関係は完全に絶たれてしまいますよね。
もしすぐに欠員が出たとしてもその方には声を掛けにくいですし、一度断られた応募者も、同じ企業にもう一度エントリーしようと思う方はほとんどいません。

そこで、不採用にするには惜しい人材や内定を辞退された方に対しては、不採用にしないメールを送りましょう。
内容は簡単かつ明快です。

「今回、すぐに当社で一緒に仕事をして頂くには至りませんでしたが、当社のタレントプール(タレントコミュニティ)にぜひ招待させて頂きたいと思っております。
○○様とは時間を掛けて相互にコミュニケーションを取らせて頂きながら、もっとお互いの理解が進んだり、良きタイミングでお声がけをさせて頂きたいと思っております。
もちろん、タレントプールに登録して頂いても、就職(転職)活動は継続して頂いて構いませんし、良い企業様が見つかればそちらに就職して頂いても構いません。
その後は、ビジネスパートナーとして情報交換など繋がりを持てるようになれば幸いです。」

・・・といった内容です。

これによって、不採用にした人材とも繋がりを持つ事が出来ます。
例えば、求人サイトから50人の応募者があり、そのうち3人を採用したとします。
しかし、採用に至らなかった優秀な人材が10人ほどいた場合、その10人をタレントプールに招待することで、優秀人材の候補者と繋がりを持つことができます。
このタレントプールが数ヶ月後、数年後に規模を増していけば、自社に興味のある優秀人材に直接オファーができるという環境が作れます。

また、応募者にとっても、覚悟を持って応募した企業と繋がりを持つことで、たった今後もチャレンジするチャンスを持てるとともに、就職(転職)活動は続けられるといったメリットがあります。

 

タレントプールは長期採用ではなく即時採用

もしかしたらこの記事を読んでいる方の中には、そんな長期的な採用は時間もお金も労力も掛かってやっていられないと思ったかもしれません。
確かにタレントプールは長期的な採用方法であることは間違いないのですが、実はタレントプールが出来上がってしまえば即時採用に変わります。
それは、人材が必要なとき、タレントプールにいる人材にすぐに声が掛けられる状況が出来上がっているからです。

自社専用の即戦力人材リストに対して、即時採用ができる。
ぜひ普段の採用活動の中で一工夫加えて、タレントプールを構築してみて下さい。

「辞退しても○年以内なら戻ってきていいよ!」を保証する。新卒採用のニュートレンド内定保証(内定保障)制度とは?

c3264e527c339c6e945037f48341de48_s

こんにちは!TalentCloudチームです。
内定保証(内定保障)という言葉をご存知でしょうか?

内定保証制度で新卒採用の常識が変わる!?

せっかく内定を出した人材が辞退してしまった。
新卒採用では本当によくある出来事で企業としては非常に悩みますし、実際に就活を体験した方も辞退した経験ってあると思います。
しかしこれ、現在の新卒採用の制度では当たり前で、就活生は解禁に合わせて複数の企業にエントリーしているので、複数内定が出ればどこか一つに絞るという作業が発生します。
当然一つに絞るといくつかの会社は辞退するということになるわけです。

しかしながら、実はせっかく辞退をくぐりぬけて新卒で採用した人材でも、そのうち約30%が3年以内に離職するというデータがあります。
つまり裏を返せば、新卒時には辞退して自社に入社しなかった人材も、その際入社した企業を3年以内に離職する可能性があるということです。

そんな時、もし3年以内ならいつでも戻ってきて良いよという「内定保証」を出していたらどうなるでしょうか?
辞退した新卒就活生にとっては、内定保証があることによって、心に余裕を持ちながら今の仕事にじっくり取り組むことができます。
企業にとっては、例えば3年間他社で優秀な人材として育成され、即戦力として戻ってきてくれるかもしれません。
つまり、就活生と企業がWIN・WINの関係で繋がることができるということになります。

内定保証は優秀人材と繋がり続けるタレントプール

内定保証という名前を使うかどうかは別として、ここ1~2年ほどで内定辞退者が戻って来れるようにする制度を導入する企業が増えて来ています。
せっかく繋がりを持った候補者なので、自社の情報を適度に発信したりすることで、繋がりを継続することができたり、より自社に興味を持ってもらうことができます。
「TalentCloud」のタレントプール機能は内定保証制度を導入している企業にもぴったりなシステムです。

例えば、辞退した人材に対して内定保証を案内し、候補者としてタレントプールに登録してもらいます。(TalentCloudは内定者コミュニケーションツールとしても活用できます)
システムでは、自社に合うと思う人材を複数指定して一括メッセージを送信したり、個別でメッセージのやり取りができます。もちろん気軽にやり取りができるチャット形式で。
また、その人材が「3ヶ月以内に転職検討」というステータスに変更すると、企業に対してアラート通知が送られてくるため、その瞬間を逃さないリアルタイムリクルーティングが可能になります!

と、あまり機能の説明をしても仕方がありませんが、新卒採用を年度ごとに区切るなんてナンセンスな時代が訪れています。
「TalentCloud」を活用した内定保証制度の運用方法について詳しく知りたい人事ご担当者の方は、弊社お問合せフォームよりいつでもご連絡ください。

http://talentcloud.jp/#contact

※ご注意!内定保証制度の導入については対外的に公表しない方が良いですよ。辞退者が増えてしまいますので。

日本の採用が変わる!企業と求職者双方にメリットの多いタレントプールとは!?

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

こんにちは!タレントクラウドチームです!

皆さんは「タレントプール」という言葉、ご存知でしょうか?
なかなか聞きなれない言葉だと思いますが、タレントプールとは、企業が作る人材候補者のデータベースのことです。
実は欧米では多くの企業が実施している採用手法で、企業と求職者がダイレクトに繋がるのは普通だったりします。

では、タレントプールによって、どういうメリットがあるのか。
企業側、求職者側とそれぞれご紹介したいと思います。

 

企業側のメリット

1.採用不採用に関わらず応募者との縁を繋げる

例えば、採用活動をしていて、採用枠1つに対し5名もの優秀人材がいたとします。
全員採りたいところだけれど、どうしても1人しか出来ない。
従来の採用活動なら、1人だけを採用し、後の4名は不採用。4名との縁はそれっきりで終わってしまいます。
そこで、その4名の方にはタレントプールに招待します。その優秀人材の4名がタレントプールに登録することで、企業と求職者はしっかりと縁を繋げることができ、お互い長期的に関わりを持つことが出来ます。
また、企業は求職者に対していつでも直接コンタクトをとることが出来るようになります。

2.採用コストの削減

もし、急に人手が必要になったり、次の年に採用活動をする場合、まずタレントプールの人材候補に声をかけます。
それで採用できれば、既にお互いを知っているので選考はスムーズにできますし、わざわざ求人広告を出す手間も省く事ができます。

また、長期的に候補者と繋がることは、以下のようなメリットがあります。

3.ミスマッチングを無くすことが出来る

何度もコンタクトを重ねることで、お互いをよく知ることができ、もし採用に至った場合は企業も求職者も十分納得の上での採用になります。
せっかく入社したのに1年足らずで退社…といった事を防ぐ事が出来ますね。

4.求職者に熱意を存分に伝えることが出来る

普段の業務や採用活動の中で出会った優秀な人材をぜひ採用したい!といった場合でも、タレントプールで繋がっていれば時間をかけて採用の熱意を存分に伝える事が出来ます。
ちょっと興味はあるけど、入社には至らない…という候補者にも、入社をしてもらえる可能性が高まります。

以上のように、タレントプールを構築すると様々なメリットがあります。
では、続いて求職者側のメリットをご紹介していきます。

 

求職者側のメリット

1.タイミングに左右されずに転職活動が出来る

社会人の方だったら、漠然と転職やキャリアアップを考えたりする方も多いと思いますが、現在の仕事の都合ですぐに転職をすることが出来ないといったことがあると思います。
しかし、タレント登録をすることによって、実際に転職をする前から企業とコンタクトをとることが出来ます。
長期的に繋がっていられるので、転職のタイミングの調整などが出来るようになります。

2.募集の有無に関わらず転職の意志を伝えることができる

ここで働きたいと思っている会社があっても、現在その会社が募集を行っていないといったこともあるかもしれません。
しかし、タレントプールへの登録窓口があれば企業と繋がる事が出来るので、
すぐに入社は出来なくても、次回の募集開始時期にその企業に入社出来る可能性が高まります。

3.入社したい企業への準備が出来る

企業とコンタクトを重ねる事により、その企業に入るために必要なスキルや心構えなどを知る事が出来ます。
企業が採用活動を始める前に、求職者は準備をすることが出来ます。
新卒者の場合、大学1年生の頃からタレント登録をしておけば、
就職活動をする前にどういった勉強をすればいいのか知ることが出来ます。

 

タレントプールは、企業にとっては採用活動の幅を広げる事ができますし、求職者にとっても、転職活動や就職活動を積極的に行うことができます。
これまでの日本の採用には無いまったく新しい採用のカタチ「タレントプール」が今まさに始まろうとしています!

 

、、、ちなみに、
「タレント」って日本だと芸能人のイメージが強いのですが、実は英語で「才能」という意味があります。
人の才能と書いて人材。つまり「人材=タレント」と言える訳ですね。う~ん素敵。

海外タレントプール事例 Vol.1 ミシュラン編

皆さん、こんにちは!
暑い日が続いていますが、体調崩されたりしていませんか?
タレントクラウドのチームは皆元気で仕事に励んでいます!

さて、当社が提供している採用管理システム「TalentCloud」はタレントプールを構築できるという大きな特徴を持っています。
でも、
タレントプールって何よ?というくらい日本では一般的に知られていません。

ということで、今回から海外タレントプール事例ということでシリーズ化してご紹介していきたいと思います!
まずは第一弾ということで言わずと知れた世界的なタイヤメーカー「ミシュラン」編です。
ミシュランは美食ガイドとしても有名で、若い人なんかはそちらのイメージの方が強かったりするかもしれませんね。
今回はタイヤメーカーとしてのミシュランの事例をご紹介します。

コーポレートサイトとは別に求職者向けの採用サイトを構築

大企業なので当然ですが、ミシュランも求職者向けの採用サイトをきちんと用意しています。
http://jobs.michelinman.com/eng/

mic

1カラムでトップにイメージ動画を配置した素敵な採用サイトになっています。
右上の「APPLY」というリンクをクリックすると募集職種一覧が表示され、現在36の職種に応募できるようになっています。

採用サイトのページフッター全てに「Join our talent pool」というリンクがあり、そこをクリックするとタレントプールの案内ページが表示されます。

mic1

タレントプールに登録するには、赤枠で囲っているリンクをクリックします。
※ミシュランは2年間情報を保持して、その間候補者とマッチした募集を掛ける時に声を掛けることがあるよと書いてありますね。
ちなみに、ミシュランの採用チームは主にFacebook、Twitter、LinkedinなどのSNSを利用して情報発信をしているようです。
SNSなどで情報発信をしながら、きちんとタレントプールで求職者の情報も得るという素晴らしい取り組みですね。

話は戻りまして、タレントプールの登録ページへ移ります。

mic2

こちらが登録ページになっています。
既にタレントプールに登録済みの方はログインができるようになっていて、SNSのログイン画面のようなイメージですね。
新規で登録する方は「NEW USER」のボタンから登録ができるようになっています。

ここから新規登録すると、登録者にアカウントが発行され、自身のプロフィールやスキルなどの情報を登録できるようになっているという流れです。
もちろん求職者は登録後もログインして編集ができるので、最新の情報に変更できるようになっています。
候補者の情報はリスト化するだけでは意味がないので、しっかりとしたタレントプールの仕組みを使っていますね。

まとめ

  • 求職者に伝わる採用サイトをしっかりと構築
  • タレントプール案内ページへの導線は全てのページから
  • SNSも複数利用して求職者向に対して情報発信や情報交換を行う
  • 求職者はタレントプールに登録した後も自身の情報を編集できる
  • 候補者の情報は2年間保持し、募集職種とマッチした人材にオファーする

いかがでしたでしょうか。
タレントプールを構築する際に参考になれば幸いです。
当社スタッフの”JIMMY並木”が海外のタレントプール実施企業にインタビューし、さらに情報収集を実施中です!
今後もこういった事例をどんどんアップしていきますので、ご期待ください!

自分で簡単に充実した採用サイトを作る方法

採用サイト作りたいけど外注するか、社内で作るか、どうしようと迷っている方、
TalentCloud」は採用サイトを簡単に無料で構築することができます。
どのように作成することが出来るのか、いくつか例をご紹介したいと思います。

求職者に会社の雰囲気を伝えるにはメインビジュアルが重要です!
求人サイトに掲載していても、興味を持った求職者のほとんどは企業のコーポレートサイトも閲覧します。
求職者がその企業の雰囲気や働くイメージを出来るかどうか、そこで応募率はぐっと変わってきます。
せっかくなら、なんとなく気になるな、いい雰囲気だな、と感じてもらえるような採用ページにしたいですよね。

そこでメインビジュアルがあるのとないのとでは大違いです。
特に、トップページのメインビジュアルはぜひ設定してください!
では、どんな写真を載せれば良いのでしょうか。

何を伝えたいのかを決めましょう!
応募者に、貴社の何処に魅力を感じて欲しいですか?
アットホームな会社であること、キッチリとした会社であること、クールな会社であること、ゆったりした会社であること…
漠然としていて大丈夫です。
パッと見てどんな雰囲気を感じて欲しいのか考えながら、ビジュアルを選ぶと良いと思います。

・【例1】社員の集合写真を載せる

7232257720_8879cf525a_z
商用無料の写真検索さん/集合写真 / odysseygate

すごくアットホームな雰囲気が伝わってきますね。

・【例2】オフィスの写真を載せる

2392869301_65bb870ab9_z
商用無料の写真検索さん/Office / jcorrius

オフィスは毎日通う場所ですから、どんな職場か一目で伝わるので、働くイメージをしやすいですね。

・イラストを載せる

Web
Freepikによるデザイン

個性的で求職者は「お、なんだ?」と思いますね。貴社に興味が湧くことでしょう。

ビジュアル一つで、与えられる印象は全然違います。ぜひ、色々な画像を試してみてください。
もし、使える写真がない…といった場合には、写真素材を提供しているサービスが沢山ありますので、
ご覧になってみてください。
写真素材AC
Shutter stock
商用無料写真検索さん
freepik
ぱくたそ
足成
※利用規約をよくご確認ください。

写真の加工をしましょう!
撮った写真をそのまま載せるより、ちょっとだけ加工をしてみてください。
与えられる印象が断然変わります。
一眼レフカメラなど画質の良いカメラで撮ることが一番ですが、お持ちのスマートフォンやアイフォンでも十分です。
現在では画像加工ができる様々なソフトやアプリがあります

例えば、この一枚の写真を加工すると…

名称未設定-3

印象が違いますよね。色鮮やかになって、明るい雰囲気になりました。

他にも、色々と加工してみると

名称未設定-4

与えられる印象が全然違いますね。ぜひ、効果的に画像を加工してみてください。
画像加工ソフトを持っていなくても、簡単に加工ができるサイトが沢山あります。色々と試してみてくださいね!
Photo Sunia
befunky
Picfull

募集要項ページを設定しましょう!
現在はエントリーを募集していない、という場合でも、募集要項はぜひ設定してください。
募集要項を見た候補者は、貴社にタレント登録をすることが出来ます。
タレント登録をした候補者と貴社はずっと繋がることが出来ますので、お互いの近況などをすぐに確認することが出来ます。
例えば、1年前にタレント登録をした候補者が、ものすごく経験を積んでスキルアップをしていたら、ぜひリクルーティングをしたいですよね。
タレントプールにどんどん人材を確保するためにも、求職者に参考になる情報をぜひ公開して下さい。

採用ページを活用しましょう!
さて、採用ページを作ったはいいけど、どうやって活用したらいいかわからないという方。
ぜひ、貴社のサイトに作った採用ページを載せてください。

貴社のサイトの採用情報へのリンクに、TalentCloudで作った採用ページを設定するだけで、簡単に導入出来ます。

例えば、タレントクラウドのコーポレートサイトの採用情報にリンクを繋げれば

22

スクリーンショット 2016-07-29 11.18.11

このように導入出来ます。

さらに、採用サイトは既にあって、募集要項だけ使用したいという場合でもご活用頂けます。
例えば、タレントクラウドの採用サイトの募集要項に、TalentCloudで作った採用サイトの募集要項ページとリンクを繋げると

スクリーンショット 2016-07-29 11.57.48

このように表示されます。

普段の採用活動にTalentCloudで作った採用ページをご活用頂くと、より効果的に採用活動をして頂くことが出来ます。

TalentCloudの採用サイト構築機能、ぜひご活用ください!

タレント登録ボタンの設置方法

いつもTalentCloudをご利用頂きましてありがとうございます。

本日は「タレント登録ボタンの設置方法」についてご紹介致します!

既に採用サイト、又は採用ページをお持ちで、新しく作る必要はないといった企業様。
タレント登録だけを導入したいんだけど…といった場合でも、TalentCloudはご活用いただけます!

TalentCloud管理画面から、左側メニュー一番下の「タレントプールボタン設定」をクリックします。
そうすると、タグが表示されます。
このタグをお持ちのサイトに設置して頂くだけで、タレントプールボタンを任意のページに設置することができます。

2

タレントクラウドのホームページに載せてみますと…

スクリーンショット 2016-08-02 10.08.04

このように表示されます。
ボタンをクリックするだけで、候補者の方は簡単にタレント登録をすることが出来ます。
ボタンの下にある「タレント登録とは?」をクリックすると、

スクリーンショット 2016-08-02 10.09.02

このようにタレント登録についての説明画面が表示されます。
これで、タレント登録の意味がわからない!という候補者の方にも安心して登録して頂けます。

タレントプールボタンのサンプルページは
こちらでご覧になれますのでぜひご確認ください。

タレントプールボタンの設置、ぜひご活用ください!